[コラム:オレンジメイクが似合わない理由]旭川のカラーセラピー,パーソナルカラー色彩講座のソウルカラー

パーソナルカラー カラーセラピー カラーテスト 色彩講座 タロットセラピー 数秘術カウンセリング
旭川市大町1条4丁目14-337 女性専用サロン・ソウルカラー  予約受付時間10:00〜(前予約制)
お知らせご予約・お問い合わせアクセス案内サイトマップ

 オレンジメイクが似合わない理由
自分のパーソナルカラー(似合う色)をネットや書籍などで自己診断したり 化粧品売り場で、美容部員さんに見てもらい

「私はスプリングタイプなのだ!」と信じつつ

勧められたオレンジチークやリップカラーを試してみても、イマイチ… そう感じて、パーソナルカラー診断に来られる方が時々いらっしゃいます。


まず、お伝えしたいコトは スプリングタイプ = オレンジが似合う
とは限りません。

スプリングタイプのカラーパレットが全て似合うという方は、 意外と多くいないかもしれません。

もちろん基本の4タイプがベースになってはいますが… 人それぞれ、ボディーカラーの色や質感や血色やコントラストも違います。


スプリングタイプであっても、得意なトーンや色も個人差があります。

ひと昔前のパーソナルカラー診断ではシーズンタイプの色 = 似合う
と、習った方も多いかもしれません。

私も実際、学び始めた頃はそれが前提でしたが、経験から学んだことは 肌の色がイエローベースタイプだからといって

スプリングやオータムタイプのカラーパレットに入っているオレンジが似合うとは限りません。

自己診断や化粧品屋さんで、表面的な印象でスプリングタイプに 見えたとしても、ブルーベースのお肌の場合もあります。

自分をスプリングタイプだと思い、お洋服の傾向もイエローベースの色を 身に着けていると、なおさら肌が黄みがかって見えてるので、 表面的な印象では、イエロー肌に見える可能性も結構あります。

そうなると、お化粧品メーカーさんでも
イエローベース オレンジリップ似合いそう  おすすめする
の図になるのもわかる気がします…

もし、オレンジチークやリップが似合わない気がする方は

もしかすると、似合うベースが違う可能性もありますよ!!

ただ、イエローベースタイプの方でもオレンジ色が 似合わない場合もありますので

自分の肌には、どんな色の傾向が似合うのか、その理由も含めて 知っていると、メイクカラーを選ぶ時の目安になりますね

ホーム | コラム | 顔の大きさが気になる原因

 セラピー & 講座メニュー


 

 ソウルカラーについて